日本にいる家族、友人、お世話になっている皆々様へ~台北語学留学の近況報告をメインに日々綴ってまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by CHYUN2
 
[スポンサー広告
春節
1月26日は旧暦のお正月(春節)です。

週末に続き、度々このブログに登場するホタルちゃんの実家に
お邪魔させてもらいました。
場所は「基隆」、台北駅からバスで約30分の港町。

基隆は雨の街と言われているそうで、
昔は年に300日も雨が降っていたそうです・・・。
あいにく26日も雨。
朝ホタルちゃんが電話をくれて、
「基隆は雨、寒いから厚着をしてくるように!」と。とても優しいのです。

基隆に着くと、ホタルちゃんが迎えに来てくれて、徒歩でお宅へ。
台北に比べて、とても坂が多い。
ちょっと奥に入ると、とても道が入りくんでいて、迷子になりそうです。

歩くこと20分ほどして、到着。3階建ての大きなお家です!
お母さんと、お姉ちゃんは食事の支度で大忙し、台所でご挨拶を。
「自分の家と思って、くつろいでいらっしゃい!」と。
嬉しいお言葉。

この日は親戚の方が集まるということで、お母さんは食事の準備で大変です。
しかし、そんなこと関係なしに・・・
私たちは2階で、パズルをし始めました。
1000ピースにトライ!
遊んでいると、親戚の方たちがやってきました。

そのうちに、階下ではカラオケが始まりました。
お父さんが歌っています。
「歌いに行こう!」と、私も一曲歌いました。
カラオケの歌詞画面、歌手本人がでているPVのやつです。
カラオケ屋と一緒です。すごいっ!
弟くんがご両親にプレゼントしたそうです。

そうこうする間に夕食開始です。
食卓には10種類以上のおかずが~。

蒸しエビ
檸檬風味のお魚
香腸(ソーセージ)
チャーシュー
蒸し鶏肉
蒸しアヒル肉
干し大根とクラゲのサラダ(ちょっとピリ辛、生姜入り)
魚のすり身(と思う)を海苔で巻いて揚げたもの
佛跳牆(栗、お芋、ナツメ、しいたけ、お肉・・・色々と入ったスープ)
南瓜湯
イカとネギときのこのスープ(年に一度しか食べないそうです)
イカとセロリの炒め物
鴨血(アヒルの血を固めたもの)の煮物



ほぼ全部お母さんの手作りです。
どれもこれもみんな美味しい!!
あっと言う間にお皿が空になっていきます。
ほんとに美味しいです。

日本だと、食事の前にお酒で乾杯ですが、
こちらは食事が済んで乾杯のようです。
チョーヤの梅酒をいただきました。
そして、またまたお年玉をお父さんよりいただきました。

食事も一段落。
2階にあがって、私はパズルの続き。
隣では親戚の若い子たちが、ネットを見ています。
そして、3階ではマージャン大会が(これぞ中華な正月!)。

ご家族のみんな、ほんと優しくて。
お姉ちゃんは、温かいお茶飲みなさい。おかわり欲しかったらいつでも言ってとか、
しまいには魔法瓶に温かいお茶入れて持ってきてくれました。

パズルにも飽きたころ、弟くんが映画を見るか?と
パソコンで映画鑑賞開始。
見終わった頃、11時すぎでしょうか、みなさん解散。
私は一足早く寝かせてもらいました。

家族団らん、新年のにぎやかな場所に参加させてらって、
美味しいご飯をいただいて、本当に幸せです、私。
謝謝、ホタルちゃん、大家~。

追記

映画鑑賞はドニー・イェンの主演映画を見ました。
1930年代実在のカンフーの師匠の話です。
この大変な時代にも負けず、一人の中国人、功夫人として生きていく話です。

やはり劇中の日本の 軍/人の描かれ方は人間味に欠けるものでした。
その点を気にしていたようで、
翌日、おばさん宅での夕食後の歓談中のひと時、
弟くんが「あの映画を見て、もし、気を悪くしたようだったら、不好意思(=すみません)」と。
(とても面白いと言って、見せてくれたからだと思います。)

私は、この発言に驚いて、また気遣ってもらったことが有難かったです。
デリケートな話題なので、私も触れていいのか悪いのか。
歴史認識がちがうのか?とか、ほんのちょっと話しましたが、すぐ別の話題に。
本当は日本人に対して、どう思っているのか聞いてみたかったですが・・・










スポンサーサイト
Posted by CHYUN2
comment:0   trackback:0
[台湾 お正月]  thema:今日の出来事。 - genre:日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://bymymelody0819.blog64.fc2.com/tb.php/56-8fa80836
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。