日本にいる家族、友人、お世話になっている皆々様へ~台北語学留学の近況報告をメインに日々綴ってまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by CHYUN2
 
[スポンサー広告
冠婚葬祭 訃報の知らせ方
「そうそう、あなたこれは何だかわかる?」とお母さん。

見せてくれたのは、
オレンジ色のB5サイズほどの二つ折りの用紙。

開いてみると、訃報のお知らせでした。
右側にいついつ亡くなりました、
どこどこで式を行いますと書いてありました。
この部分は日本と変わりません。

しかし、
左側には、びっしりと親族の名前が書かれていました。
子供、兄弟、孫まで。
未婚既婚まで分かってしまいます。
存命かそうでないかも(亡くなった方の名前は四角く囲まれています)

なので、
親族が多い人はかなりな大きさの用紙になるとのこと。

知らせの用紙の色とこの親族欄にはびっくりしました。
日本は必ず白地に黒ですよね。
台湾も通常は白地のものだそうですが、
80歳以上と言っていたか、
長生きした場合には、人生全うしたとのことで
このように色つきのものを送るのだそうです。

逆に結婚のお知らせのカードは真っ赤な赤だそうです。

そして、
お香典、ご祝儀の額など聞いてみました。

お香典は奇数、ご祝儀は偶数 が相応しいとのことです。

数年前おばあさんのお葬式の時の
参列者リストを見せてもらいました。
貴重なものを...。
1100元、1500元などが一般的なようで、
お母さんの上司はすごくて1万元でした。
部下の職務の位が高いほどお香典の額も高くなるとのこと。

やはり、
ご祝儀貧乏(でしたっけ?)も日本と同じ感覚があって、
結婚式が重なると、給料がぁぁと嘆く人が多いそうです。

本日無事、がんごん姐さんチーム日本へお帰りになりました。
昨日はライブ前に連れまわしてしまって、
さぞお疲れになったことでしょ~。申し訳ないす。
今は台北大雨!
お二人滞在中はお天気がもったので、良かった!


スポンサーサイト
Posted by CHYUN2
comment:1   trackback:0
[未分類
comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/24 11:49 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://bymymelody0819.blog64.fc2.com/tb.php/128-ca182816
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。